合宿免許とは?

自動車免許を取得するために、ホテルや宿舎に泊まって集中的に運転技術や試験の勉強をすることを合宿免許といいます。
自宅から通うタイプの自動車運転教習所の場合は自分でカリキュラムを組んで予定を調整しながら勉強しますが、合宿免許の場合は組まれているカリキュラムをこなしていくだけでというシステムになっています。

合宿免許のカリキュラムは技能教習と学科教習がうまく組み込まれているため、とても短い期間で勉強することができます。
自宅から教習所に通う場合は短くても2~3か月かかるのが一般的ですが、合宿免許は普通車ミッションタイプで最短15日、普通車オートマタイプで最短13日で卒業できます。

卒業検定にパスすれば卒業となり、その後は自分の家の近くの運転免許試験場で適性検査と学科試験を受けに行き、合格すれば免許取得となりますが、この最短日数は何の問題もなくどんどん進んだ場合の日数なので、修了検定に合格しなかったり、仮免許が取れなかったりするとその分日数は長くなっていきます。
運転免許は学科と技能の両方があるので、人によって進み具合が違ってきますから、合宿免許の場合は余裕をもった日程のものを選ぶほうがいいでしょう。
また、合宿免許を運営している会社によって最短日数の設定が違うので、選ぶ時には注意が必要です。

自動車教習所に通って運転免許を取るのと、合宿免許で取るのとでは勉強する内容は同じでもシステムが大きく違います。
ここでは、その違いなどを詳しく見ていって、メリットやデメリットなどを考えてみたいと思います。

Copyright © 2014 合宿免許のメリット・デメリット All Rights Reserved.